new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

シェレメーチェフ家の農奴劇場 18世紀ロシアのオペラ文化史

3,200円

送料についてはこちら

シェレメーチェフ家の農奴劇場 18世紀ロシアのオペラ文化史 森本 頼子(著) 初版発行: 2024年5月31日 体裁・総頁: 四六判上製・332頁 ISBN: 978-4-8105-3013-1 C1073 装幀: 高木達樹 ■内容 西欧オペラの受容から、ロシア独自のオペラ創出へ… 「オペラ大国ロシア」の知られざる前史。 エカテリーナ2世の治世、パリ・オペラ座に憧れ、その舞台をモスクワで実現しようとした大貴族がいた。 農奴劇場とは、当時ロシア全土に170超も存在した貴族の私営劇場。 なかでもシェレメーチェフは、才能を見出した農奴に演劇・音楽・舞踊の専門教育を行い、規模の大きさと質の高さで傑出していた。 宮廷勤務を嫌い、チェロに没頭。 農奴出身の「歌姫」と身分違いの結婚を果たした、ニコライ・シェレメーチェフ伯爵の創造の軌跡。 ■目次 はじめに――「オペラ大国ロシア」ができるまで 凡例・用語法 第1章 一八世紀ロシアの劇場文化 1 西欧化するロシア 2 花開くオペラ文化 第2章 パリ・オペラ座の衝撃 1 ニコライ・シェレメーチェフ 2 あこがれのパリ滞在 第3章 シェレメーチェフ家の劇場 1 農奴劇場の始まり 2 拡大する「シェレメーチェフ・カンパニー」 第4章 ニコライの野望 1 「オペラ劇場」へのこだわり 2 パリの最新作を、ロシアで 3 ニコライ渾身の舞台制作――グレトリ《サムニウム人の婚礼》 第5章 挑戦と挫折 1 トラジェディ・リリックに挑戦する 2 新たなオペラ劇場へ 第6章 ロシアのオペラを創る 1 悲願のトラジェディ・リリック上演 2 オリジナル・オペラの創作 3 ロシア語オペラの誕生――《ゼルミーラとスメロン》 おわりに――シェレメーチェフ家の劇場が残したもの あとがき [巻末] 人名索引 シェレメーチェフ家の劇場のオペラ・レパートリー 年表 シェレメーチェフ家の劇場と一八世紀ロシアのオペラ文化 関連地図 主要参考文献 注

セール中のアイテム